英語を話す時のリズム

アメリカ英語話し方

英語を話す時のリズム

アメリカ英語を話す時に 自然な話し方になるためには音節を考える

アメリカ英語の音のリズムを考えると ネイティブのような自然な話し方になります

言葉の一つ一つにリズムやビートがあります。

この記事を読むべき人は⬇︎のような方

  1. 英語を話す時 どこでアクセントをつけた良いかわからない
  2. どのように発音したら良いかわからない
  3. 話せるけど聞き返される
  4. もっと自然な話し方をしたいコミュニケーションをスムーズにしたい
  5. リスニング力を向上させたい

 

音節って何?

そもそも音節って何?
動画では音節をビートと呼びます

単語の中に幾つの音があるか わかると英語のもつ独特の発音の仕方がわかります

音節またはシラブルとは、連続する言語音を区切る分節単位の一種である。典型的には、1個の母音を中心に、その母音単独で、あるいはその母音の前後に1個または複数個の子音を伴って構成する音声で、音声の聞こえの一種のまとまりをいう(ウキペディア参照)

音節の見つけ方

基本的に音節は、母音を中心としたまとまりです。アメリカ英語の発音をする場合、母音はとても重要です。単語の中にいくつ母音があるかをわかれば、幾つの音があるかが分かります。では早速 単語で練習しましょう。それぞれ何音節か分かりますか?

ヒントは母音の数です。

Cat              cAt         答え 1つですね

Answer        An  swER         答え  2つ

辞書を見ても いくつ音があるか 発音記号と共に記載されています。

辞書って やっぱりすごいね

では この緑の broccoli はいくつ音がある?

 

Bro- ccoli      ブロ コリー 2つ

カタカナ読みだと ブ ロッ コ リー 4つ

全然違いますよね

これじゃ カタカナ英語から抜け出せないわけです。

英語のリズムがわかると楽しい

簡単な単語すら 聞き取りが難しい人は

そもそも音節がわかってないだけ

これがわかると 自然に話せるし リスニング力も向上しますね

 

America

音節A・mer・i・ca 発音記号・読み方/əmérɪkə, ‐rə‐ 
interesting
音節in・ter・est・ing 発音記号・読み方/íntrəstɪŋ
実際にどんな感じか 声に出して見るとよくわかりますね

まとめ 英語を自然に話す

  1. 母音を見つける
  2. 辞書を活用する
  3. 声に出して確認する

 

英語の音やリズムがわからない場合、

この3つのステップをやって 次に英語の音源を聞くようにしましょう

自分が口に出せる音は必ず聞くことができます。

 

音節に特化したお試しレッスンも実施中です!

トライアルレッスン 60min   3000yen
発音レベルチェック込

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました