英語の発音 練習する前に知っておくべきこと

動画
英語発音練習の前に知っておきたいこと

語を話すときのポイント

必ず深い呼吸をして話す

常に全ての音を意識する

英語を話すと言うのは 歌を歌ったり 楽器を弾いたりするのと同じです。

たとえ 楽器が弾けなくても、音が外れたり 間違った音を弾くとすぐにおかしいと気がつくでしょう。 またそれは心地よい音ではないとも感じることでしょう。

そのように 英語に限らず 言葉を話すと言うことは誰もが理解できる正しい音を出すことが必要です。

日本語でも さしすせそが しゃししゅシェしょ と訛ると少し違和感を感じます。

一部の地域の方にはそれでOKでも 公の場では聞く側の立場にたつと 聞き取りにくいとなり 親切ではありません。

英語も同じです。 なまっていても大丈夫な環境であれば問題ないですが 仕事であったり公の場で発言するのには 正しい聞きやすい音で話した方が良いと言うのは理解できることと思います。

と言うことは 訛りを似た音にすると言うだけでは 訛っているのと変わりありません。

正確な音を出すことが 聞き手にとってストレスがないと言うこと

では 何をどのようにしたら 正しい音が作られるのか

まずは英語には日本語にない音があることを知る

ここを飛ばして なんとか発音をネイティブのようにしようと努力しても結果が出ません。

日本語には基本の音は100しかありませんが 英語には300もあるのです。

また日本語にはない vibration sound を頻繁に使います

たとえば That Th  Zoo X Very のVなど

This  There  These

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました