アメリカ英語発音が難しい理由

アメリカ英語話し方

Hi there
Im tomoko

アメリカ英語発音矯正 スコットペリーメソッド認定講師のTOMOKOです。

日本人が英語学習をしていくときに一番多い悩みが「発音」

スムーズに発音できない どうしても日本語っぽくなってしまう

R とLの聞き分けが 難しい

自分でも発音するときに違いがあいまいだとか

どうしても日本人の英語って 日本語っぽい訛りが抜け切れませんよね
海外生活が長くって 毎日英語を話している人でも英語発音となると

日本語なまりの英語が抜けきれず、お悩みになっていらっしゃる方も少なくありません
その原因を解消しましょう。

1. 口の筋肉トレーニング不足

日本語を話すときの口に筋肉の使い方と 英語を話すときに口の筋肉の使い方は実は全く違うのです。そのため、その事実を知らない人 または教わっていない方は英語を話すために必要な口の筋肉を日常的に使うことがありません。したがって英語を話すための筋肉が不足しています。まずは英語の音を正しく発音するに、口の筋肉を強化する必要です。
ネイティブスピーカーは口の周りの沢山の筋肉を英語発音するとき、それぞれの音を 使い分けています
なので 私達がネイティブの英語発音を出そうとするとき、口の周りの筋肉が英語を話すための筋肉が日本人の場合十分に発達していないため 同じように発音することが難しいのです。

 

2. 間違った呼吸のリズム

話すとき 私たちは自分がどのように呼吸して話しているか考えたことはないと思います。

そのため、ほとんどの人はいつものように日本語を話す呼吸のままで英語発音で話しています。しかし英語を話すときの英語発音の呼吸は日本語とは全く違います。明瞭な英語をスムーズに話すためには、英語の呼吸リズムを習得する必要があります。
日本語を話すとき私たち日本人は 浅い呼吸で話しています。細かく息を吐いて話しているのです。
でも 実際にネイティブの人たちが英語を話すとき英語発音はネイティブの人は深い呼吸で話しています。英語発音の呼吸の仕方から全然違うので 同じ文章を言っているのにも関わらず全然違うものに聞こえてしまうのです。

 

3. リスニング力不足

ほとんどの人は英語の音を細かく聞き取るトレーニングを受けたことがありません。英語の正しい音を知らない、英語の母音を知らないために、聞き取ることができないのです。

自信を持って正しい英語を話すために、これらを学び、あなたの英語の発音を修正しましょう。ハリウッドからも信頼を得ている発音矯正トレーナーTOMOKOが、あなたが自信を持ってアメリカ標準英語を話せるよう指導します。

スコットペリーメソッド体験レッスンは公式サイト

 

まとめ

次に 私達日本人は細かい音を聞き取るトレーニングを受けていない
受けていないし また 正しい英語の音を知りません

日本語にない音が 英語には沢山あるのです

しかも正しい母音を知らない
これによって
知らないから自分でその音を作ることができないのが原因です。

もっと他にも沢山の理由があるのですが 大きな問題はこの3つ

ですので こういった
3つの原因を改善することによって
どんな方でも英語初心者でも

何歳からでもパーフェクトなネイティブの音をつくることが可能です
まずは英語発音矯正 体験レッスンを受けてみて ご自分の改善点を確認してみませんか
お気軽にご相談ください

スコットペリーメソッド

Please contact me any time
Im really looking for it
Thank you

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました